今話題のレーシック手術とは?

近年話題のレーシックとは??

レーシックというのはなんだかご存知でしょうか?レーシックというのは、最近一般的に行われているレーザーによる近視治療の名前です。日本でレーシック手術の許可が下りたのは2000年の事ですが、近年レーシックの近視治療は広く日本でも行われるようになりました。欧米などではレーシックの近視治療は日本よりももっと以前から一般的に行われていました。近視では光のピントが普通は自然に合うのに対して近視の人というのはピントが合わないことから物がぼやけるために治療が必要なのです。

レーシックではどのようにして近視治療をするのかというと、角膜をレーザーを使って削ります。削ることでぼやけていたピントが合うようになって近視が治療されます。これをレーシックといいます。日本ではまだあまり有名でもないですし、知名度も低いレーシックの治療ですが、有名なスポーツ選手などもレーシックの治療を受けているといわれています。例えばゴルフのタイアガーウッズもレーシックの治療を受けた1人です。レーシックの治療にかかる時間というのは、大体15分ほどで完了するので、今までの近視治療に比べると手軽に治療を受けることが出来るようになりました。レーシック治療では治療中の痛みもほとんどなくて安心して受けることが出来るようです。

イントラレーシックとは??

イントラレーシックについて紹介したいと思います。イントラレーシックというのは普通のレーシックとは少し違います。イントラレーシックはレーシックの初期のタイプよりも最新の技術のレーシックの事です。普通のレーシックの治療とイントラレーシックの治療ではどこが違うのかというと、フラップを作る方法が違うんだそうです。フラップを作るというのはどうゆうことかというと、角膜の表面をきりぬいて蓋になる部分を作ることをいうのですが、レーシック手術の跡には、また蓋をするので、完全に切り抜くわけではありません。この蓋の部分を今までのレーシックでは電動カンナで切り抜いていたのですが、インストラレーシックでは蓋もレーザーによって作るといわれています。電動カンナの場合は、人の手で行っていたのですが、イントラレーシックの場合はコンピューターで行いますから狂いが無く精密なんだそうです。

他にもレーシックとイントラレーシックの違いというのは角膜を削る際の深さも違っています。インストラレーシックの方がより正確に角膜を削ることが出来るようになりましたし、視力回復の確率もレーシックよりもイントラレーシックの方が高くなるという結果が出ているそうです。レーシックでは平均で1.2くらいまでの視力回復が可能だったのに比べてイントラレーシックを行うと1.6くらいまでの視力回復が期待できるそうです。レーシックでは中には再手術が必要なことも少なからずあったのですがイントラレーシックではその確率がかなり減ったのもレーシックとイントラレーシックの違いです。

レーシックで遠視治療をする方法

レーシックは近視治療で有名な治療方法ですが、レーシックで遠視治療をする人もいるようです。レーシックで遠視治療をする人はレーシックで近視治療をする人と同じくらい近年増えてきたといわれています。レーシックの遠視治療を行っている一般の人は日本では2000年以降増えてきたわけですがなぜ、日本で2000年以降にしかレーシックの治療者がいないのかというと、レーシックの遠視治療が許可されたのが2000年だからだそうです。それまでは日本ではレーシックの治療自体がまだ認可されていませんでした。欧米などでは先に認可されてレーシックの治療が行われていたのですが日本でレーシックの近視治療、遠視治療が行われた最初は一般の人ではなくて、著名人、スポーツ選手などがレーシック手術を受けることが多かったようです。

レーシックで遠視や近視を治療できるのですが、レーザーで角膜を削ることで治療をすることになります。レーシックの手術は手軽に数十分もあれば受けられますから安心して遠視治療を受けることが出来るということで人気がある治療方法です。レーシックでは近視だけでなく、遠視の治療、視力回復に効果があるといわれているレーザー治療を行います。

レーシックはドライアイになる??

レーシックとドライアイについてですがレーシックを受けた人がドライアイになるという話をよく聞きます。レーシックの術後の起きる症状の一つで、ドライアイというのは目が乾いてしまったり、涙の量が少なくなるので、目に傷が付いてしまう症状の事です。ドライアイはパソコンで仕事をしている人が瞬きの回数が少ないためによくおきたり、コンタクトレンズをしている人にもドライアイの症状があるといわれていますが、レーシックの手術を受けた後にドライアイの症状がしばしばあらわれるようです。誰にでも必ずレーシックの手術のあとにドライアイの症状があるというわけでもないようなのですが、レーシックを受けた後におきやすいといわれています。

レーシックの治療後のドライアイはレーシックを受けてしばらくの間続くといわれていて、それからまたしばらくすればレーシック後のドライアイの症状も段々と減っていき、改善されるといわれています。最近ではレーシックによるドライアイの症状が多いことが指摘されていて、レーシックの研究が進んでいるために、レーシックの手術でドライアイになりにくい手術もあるといわれています。ですからレーシックを受ける前に一度ドライアイについて医師に尋ねてみるといいかもしれません。

レーシックは保険適用??

レーシックと保険についてご説明します。レーシックによる治療というのは自由診療といわれる治療になるために、健康保険の適応にならないといわれています。自由診療はレーシック以外にも例えば、歯の矯正や美容整形などがあるといわれています。これらの自由診療というのは健康保険できかないために実費で支払いになるといわれています。健康保険で適応にならないためにレーシックの治療には多額の治療費がかかりますが、レーシックの治療を受けて一般の保険会社に加入している保険によっては手術給付金が支払われる場合があります。

保険に関していえば、レーシックの治療を受けたことがある人は、生命保険新たに新規加入しようと思っている場合にはもしかすると加入できない場合があったり、加入できたとしても、レーシックに関係のある目に関わっている手術を加入後に受けた場合には、それは保険適応外になるということもあるようです。ですからレーシック手術と保険については保険会社にもよりますが、一度自分が入っている保険会社にレーシックについて確認してみたり、これから保険に加入する場合には、レーシック手術を受けていても入れるのか確認するといいと思います。​

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www..com/" target="_blank">●</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。